ファッションについて

私は前職アパレル業界で4年間勤めており、幼い頃からファッションに興味がありました。
中学生くらいまでは好きなブランドで固めて着るのがオシャレだと思っていましたが、高校生になり部活もしていたので私服の機会は少ないですがすこしずつファッションに対しての考え方が変わり系統でまとめるようになりました。
しかし当時は迷走しまくりで、、原宿系、ギャル系などなどいろいろと触っておりました。。
今考えるとすこし恥ずかしいですね笑
大学生になってからはカジュアル一筋!!好きな系統も固まり、モードやシンプルな物に。
バイトで稼いだお金はほとんど洋服に費やしていました。
買い物をするのが本当に大好きで都内の大学だったので帰りはいつも洋服をみて帰ってました。
そして気付くと手にはショッパーが、、、笑
好きなものを仕事にしたいと思い、アパレルに就職。
理想と現実は違うというのはこのことか、、と思い知らされました。
まずは、好きなブランドに配属されるとは限らない。
最初は戸惑いましたが、そのブランドの良さを知って行くことでまた新しいコーディネートやブランドテイストを理解し自分の好きなファッションの幅も広げることができました。
ブランドネームはやはり大きく、少し好きなブランドで経験したかった気持ちもありますが、ここで服を買う!という気持ちで、違ったブランドでも頑張れました!
何より素敵なお客様に恵まれたことが一番の励みとなりました。
今でも1番の楽しみは服を買うこと、雑誌を見ること、SNSでファッション画像をたくさん見ることが幸せな時間です。