カフェではなく喫茶店

最近自分の中で気になる存在になっているのが「喫茶店」。
チェーン店系のカフェは値段も手ごろだし入りやすいし、けっこうフードも充実しているのですが、なんだか物足りないような気がして。
そんな風に感じていたところに、たまたま昔ながらの喫茶店に行く機会があったのですが、お店の個性みたいなものが満ち満ちていて、日常を一瞬忘れることができたというか、とても良い気分転換になったんです。
それですっかりはまってしまって、他のお店はどうなのかなって、グルメサイトや喫茶店関連のブログを検索して良さそうなお店を探して行くようになりました。
個人の方がやっている喫茶店は、本当にお店の雰囲気からメニューから千差万別で。この頃は、そんな喫茶店のモーニングを目指して休日早起きするのが楽しみなのです。
休日の朝、素敵な喫茶店で日常を忘れて朝ごはん。
…今書いていて思ったのですが、もしかして私、現実逃避したい気分なのかもしれません。